【第2回】社会人インターン「やよい」日記

向田邦子の枝豆醤油煮


私は脚本家、エッセイストである向田邦子さんが好きだ。若い世代には、国語の教科書で名前を見るくらいで、馴染みのある人ではないかも知れない。ただ、昨年放送のドラマ「トットてれび」(黒柳徹子さんの著書をドラマ化したもの)をご覧になった方にはすぐに思い出していただけるだろう。(邦子さんは徹子さんと親交が深く、ドラマの登場人物だった。)
邦子さんの作品、特に自身の家族のことや身の回りの事を綴ったエッセイを読むと、何故だか「私もこんな気持ちを感じた事があるな」と共感する瞬間が何度もある。不慮の事故で逝去されてから既に36年が経つほど、言ってしまえば昔の人なのに、邦子さんの言葉、経験は、妙に生々しくて現実的で生活感があって、そして温かい。特に、邦子さんが得意とした料理に関する文章を読むと、向田家のお茶の間の匂いや、出来立ての料理の温かみまで伝わってくるようだ。

何故、いきなりSTAND BY MEのブログで向田邦子さんについて語ったのか?何故なら、STAND BY MEでは、邦子さんお得意のレシピを再現した「枝豆の醤油煮」が食べられるからである。このメニューは、福岡市中央区今泉にある「AFTER THE RAIN」というお店で出されているもので、その味に惚れ込んだSTAND BY MEオーナー・貞末さんがレシピを教わってきたのだという。「AFTER THE RAIN」は、「映画と作家とハイボール」をテーマとして、本や映画に出てきた料理を再現したメニューを提供している人気店だ。そのメニューの1つとして愛されている「枝豆の醤油煮」を、STAND BY MEでも味わう事が出来る。このように、地元福岡で親しまれている飲食店からレシピを教わったフードメニューが、STAND BY MEにはいくつもあるのだ。1店舗に来ただけで、色々なお店のメニューが楽しめるなんて、何とお得なのだろう!もちろん、本家のお店を訪れるきっかけにもなる。

フードメニューにもこだわりのあるSTAND BY ME。皆様にもお気に入りがきっと見つかるはず。

※アフターザレイン
http://chikara.in/atr/

記:やよい

STAND BY MEとブルースカイの社会人インターン希望の方はこちら