僕が泊まれる立ち飲み「STAND BY ME」を始める理由


僕が、泊まれる立ち飲み「STAND BY ME」をやろうと思ったのは、鎌倉シャツで採用人事をやっていた10年ほど前にさかのぼる。

会社からたくさんの採用予算をゲットした僕は、マイナビにリクナビに、とにかく露出を続けてエントリー学生数を年間1万人にまで増やすことができた。

多くの学生と会ってようやく気付いたのが、

「とにかく元気がない」

だった。

ただ当時の僕の仕事は優秀な人材を獲得することだったので、 その中から毎年10名前後の採用を偉そうにしていた。

会社としての責務は果たしていたのだが、なんとなくこんな違和感も感じ始めた。



日本を作っていくのは、選考から漏れた9990人じゃないか?」

これは、面白法人カヤックの柳澤さん達が主催するカマコンで勉強した「ジブンゴト化」精神のおかげでたどり着いたものだ。

鎌倉シャツがニューヨーク出店を決めた際に参加した 世界の留学生が集う「ボストンキャリアフォーラム」。

そこで出会った学生に僕は衝撃を受けた。

「好奇心旺盛」 「積極性溢れる」 「バイタリティがすごい」

そんな日本人学生だらけだった。

「9990人の学生もこうなったらどれだけ良いだろう?」

様々な理由で、行きたくても海外に飛び出して行けない学生もいる。

「家の近所で国際交流できる場所があれば」

と考えるようになったのは、これを解決するためだ。



「STAND BY ME」には多くの、海外宿泊客が来る。 彼らも間違いなく、好奇心旺盛で、積極性に溢れ、バイタリティがある。

近隣の若者は、何を飲んでも食べても 250円であれば、ここに集うことができる。

人と人とが衝突し、摩擦が生まれると、「新しいコト」が生まれる。

海外に友達ができると、海外に行く理由ができる。 すると、たくさんの摩擦がまた生まれる。

その人はその時、きっと元気になっているはずだ。

「STAND BY ME」は、そんな連鎖を作るキッカケを、地域で活動している仲間とみんなで作っていくのだ。